2012年06月07日

血流アップにシトルリン

■一酸化窒素で血流アップ
シトルリンは体内に入ると一酸化窒素(NO)を作り出す効果があるのですが、この一酸化窒素(NO)は血管を拡張させて血量を増大させるという秘密の作用があるのです。
シトルリンは比較的新しいサプリメントで、日本では2007年よりサプリメントの食品素材として認可されています。このような背景もあるせいか、責任ある機関の見解を拾ってみると、その効果についてはまだ明らかにできるだけのデータ量が揃っていないということになっているようです。
しかし、実際にはシトルリンに期待されている効果はアルギニン同様に一酸化窒素を生成する物質としての役割です。一酸化窒素は直接的にはアルギニンから生成されますが、そのアルギニンとシトルリンは体内で代謝サイクルを繰り返しています。つまり、アルギニンがシトルリンに変換されたり、その逆の代謝が行われたりしています。

■アルギニンよりも効率的
シトルリンを製造している企業などの研究によると、両方の物質を経口摂取した場合、アルギニンは実際に一酸化窒素を生成する過程に至るまでの間にかなりの割合で別の物質に変換されてしまうことが分かっているようです。これに比べてシトルリンは余計な代謝が少なく、一酸化窒素を生成する過程の直前でアルギニンに変換されるため、要は直接アルギニンを摂取するよりも効率よく一酸化窒素を生成することが出来るというものです。
今のところシトルリン固有の効果は特筆すべきものがありませんので、基本的にはアルギニンと近いものと考えていいのではないでしょうか。ただし、上述のようにアルギニンと共有する効果はアルギニンよりも高い可能性があります。

■ED克服に
男子の陰茎が勃起する際には、陰茎に大量の血液が流入しなければならないのですが、体内の一酸化窒素(NO)の量が少ないと十分な大きさや硬さを確保することができず、EDとなってしまうのです。
とりわけ年齢を重ねるとともに一酸化窒素(NO)の量は減少に転じますので、外部から一酸化窒素(NO)を補いEDを改善もしくは予防するというのは非常に大切になるのです。

めぐりをサポートするシトルリンが1粒に750mg&たっぷり180粒入り!




スイカの中から発見されたことから、「Citrullus(ラテン語でスイカ)」を名前の由来とするアミノ酸です。
LシトルリンSN 1000mg
シトルリンが注目を集めている理由は、一酸化窒素(NO)の放出に深く関わるためだといわれています。

一酸化窒素は、強く健康な体づくりの土台となる"めぐり"をサポートする重要な物質です。欧米では、若々しさや強さを求める方、元気が落ちている男性から厚い支持を受けてきました。

現在も、からだのサビつきをブロックして内側から若々しさをみちびくなど、さまざまな健康パワーをもつことが明らかになっており、研究が進められています。
男性はもちろん、健康美を目指す女性や手足の寒さが気になる女性からも大きな信頼を置かれているアミノ酸です。

・ サラサラ体内をサポート
・ エネルギー・スタミナアップ
・ 筋力のサイズサポート
・ みずみずしくハリのあるうるおい肌づくり
・ 疲れにくい元気な体力づくり
・ 冬はもちろん、夏でも冷え冷えになりやすい方の体調管理に
・ お酒のつきあいが多い方の飲み疲れ対策に

シトルリンは名前の由来となっているスイカをはじめ、ゴーヤー(にがうり)やキュウリなどウリ科の植物に含まれています。しかし、その量は決して多くなく、食品から十分な量のシトルリンを摂取するのは非常に困難だといわれています。ぜひ、サプリメントで上手に補いましょう。
posted by 男性ホルモン at 05:13 | TrackBack(0) | アミノ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。
勃起不全
勃起不全(ぼっきふぜん、英:Erectile Dysfunction; ED)は、「勃起機能障害」、「勃起障害」ともよばれる、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態をいう[1]。
「インポテンツ」(独:Impotenz、略称:「インポ」)とも呼ばれるが、直訳すると「性的不能」となり、人格否定の響きがあり、「ED」と呼ばれるようになってきている。東洋医学では陽萎(ようい)と呼ばれる。
しばしばEDはSDと同一視されるが、SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」[2]と定義されており、EDはSDの一つに過ぎない。
EDに悩む人は先進国において男性人口の1割を占めるといわれ、加齢に伴い増加傾向にあり、日本では40〜50代男性の半数がEDに悩んでいるという報告もある。一つには糖尿病、うつ病、高血圧の治療薬が原因になることもある。
先進国に多いことからも判るように、機能性EDの多くは、精神病やストレスなどの心因性で、交感神経の緊張により血管が収縮し、海綿体への血液流入が遮断されることによると考えられる。
EDの程度は軽症(たまに勃起できない)、中等度(勃起が充分でなく、時々性交ができない)、完全型(勃起しないため常に性交できない)に分かれる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。